子ども好きの人必見!保育士になる方法と仕事内容について

どうしたらなれるの?保育士になるために必要なこと

まず、保育士として働くには「保育士資格」という国家資格が必要になってきます。この資格は、大学や短大、専門学校などに行って保育について学び、決められた単位を取得することで卒業と同時に取得する方法があります。在学中には実際に保育園へ行き、数日間の実習を行います。手遊びのレパートリーを増やしたり、ピアノの練習をしたりすることはもちろん、一日のできごとをまとめる日誌も書きます。卒業後の給料は、短大卒よりも、大卒のほうが少し高くなる場合が多いです。そしてもう一つの方法は、保育士試験を受験し合格することです。学校には通わずに、通信講座などを利用しながら学びます。

実際はどうなの?保育士の仕事内容

保育士は、保育のプロとして日々子どもたちの安全を守りながら、成長を促すための取り組みをおこなっています。子ども達が登園してきたら、会話をしながら視診し、異常がないかを見極めます。そして、日中の遊びの時間にはお友達同士で仲良く遊べるように援助します。集団生活の過ごし方を教えることで、社会性を培うことができるようにするのも保育士の仕事です。そして、食事をしたり午睡、着替えなどを通して正しい生活習慣を教えます。また、絵本の読み聞かせやピアノで歌を歌ったりすることで、子どもの感性を豊かにすることも大切です。降園時には、保護者に園での子どもの様子を伝えます。こうすることで、子どもだけではなく保護者とも信頼関係を築くことができます。ほかにも、行事の準備や保育室の壁画の作成、日誌の記入、保育計画などを考えたりもします。

近年では看護師や保育士などを専門的に扱っている求人サイトが増加傾向にあります。そのため、保育士の求人を大阪で探すなら、保育士専用の求人サイトがおすすめです。