短期で単身赴任先として利用しやすい物件は

マンスリーマンションで快適に暮らす

急に単身赴任で家から引っ越しをしなくてはいけないとき、どこに引っ越しするか、これはとても大きな問題です。普通に賃貸アパートを借りる場合は、全ての必要荷物を引っ越し業者にお願いして運んでもらうことになります。そして、賃貸アパートの場合は、生活備品が何も置いていないスペースを借りることになるので、引っ越ししてからの荷物整理や準備などがとても大変です。

しかし、単身赴任であれば、もっと快適な生活をおくれる空間があります。それは、マンスリーマンションという一か月以上の滞在で利用できる空間です。

マンスリーマンションを利用すれば、ベッドや冷蔵庫やテレビなど、生活に必要な家電製品がほとんど揃っています。ですから、わざわざ家から引っ越し先に大きな荷物を持ってくる必要がありません。これなら快適な生活がすぐにスタートできるのでおすすめです。

マンスリーマンションの魅力はここにもある

マンスリーマンションは、一般的に賃貸物件として提供されているワンルームマンションと同じようなつくりになっているところがほとんどです。ですから、一人暮らしであれば十分満足できる空間になっています。

ホテルとの違いは、マンション内が土足禁止になっているところでしょう。ビジネスホテルでもシティーホテルでも基本的には部屋の中は土足可能です。ここがマンスリーマンションの場合は、玄関で靴を脱ぐことになるので、部屋の中は常に清潔です。

また、マンスリーマンションには小さいながらもキッチンがついています。このキッチンを利用することで、簡単な手料理を作ることができます。

マンスリーマンションとは、家具や家電が備えつけられている賃貸物件のことで、敷金・礼金や保証人が不要というメリットがあり、単身赴任や初めての一人暮らし、持ち家のリフォーム中などに利用する人が見られます。